防火設備のメンテナンス|突然のシャッター故障への対処法|修理専門の会社が頼りになる
レディ

突然のシャッター故障への対処法|修理専門の会社が頼りになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

防火設備のメンテナンス

シャッター

住宅設備に使用するシャッターは、防災のために使用する場合もあります。大型のマンションでは、防火設備の一つとして防火シャッターが取り付けられているのです。火災が起きた際に防火シャッターが起動すると、シャッターが火の勢いをせき止め、延焼を防ぐことができます。また、防火シャッターの一番の効果は火災の煙を防ぐことができる点にあります。火災によって最も大きな被害をもたらすのが、煙からの一酸化炭素です。人の体内に一酸化炭素が入り込むと、体内の酸素を一酸化炭素が奪ってしまうため、急激な酸欠状態に陥ってしまうのです。大量に一酸化炭素を吸入してしまうとその場で意識を失い、避難が遅れてしまうため非常に危険です。防火シャッターは、火災が起きた際にこの一酸化炭素を封じ込めることができます。一酸化炭素は空気よりも軽いので、室内の上方へと滞留します。シャッターは上から下へと降りるため、作動すれば一酸化炭素をせき止めることができるでしょう。このような高い性能をもつ防火シャッターですが、実際に火災が起きない限り正常に作動するかはわからないものです。シャッターの修理やメンテナンスを行なう会社に依頼することで、実際に使用ができるかを調べることができます。

シャッターの修理やメンテナンスを行なう会社は、依頼があれば防火シャッターの作動テストやメンテナンスを行ないます。実際に動かしてその動きをチェックした後、掃除や部品の交換、潤滑オイルの注入を行ないます。定期的にメンテナンスを依頼することで、もしもの火災が起きた場合にも問題なく作動ができるでしょう。