男性

突然のシャッター故障への対処法|修理専門の会社が頼りになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

防火設備のメンテナンス

シャッター

マンションなどに使用されている防火シャッターは、住人の安全を守る設備です。しかし、実際に火災などが起こらなければ、普段の状態では正常に作動するかわかりません。シャッター修理を行なう会社にメンテナンスを行なってもらうことで対処しましょう。

Read More

よくあるトラブル

作業者

シャッターのトラブルとしてよく挙げられるのが、異音や開閉時の作動不良です。シャッター修理を行なう会社に依頼することで、これらの症状をすぐに改善してくれます。本格的な故障を起こす前に対処してもらえば、安い費用で済ませられます。

Read More

いつでもすぐに来てくれる

作業員

シャッターは日常的に使用する設備であるため、夜間などに突然使用ができなくなった場合、多くの人は焦ってしまうでしょう。しかし、シャッター修理を専門とする会社は24時間依頼を請け負っているため、すぐに修理をしてもらえます。

Read More

10年が寿命

シャッター

企業や店舗、さらには一般家庭でもよく利用されている設備といえば、シャッターが挙げられます。設置することでガラスなどの割れやすい設備を保護することができるほか、不審者の侵入などの防犯効果も得ることができます。シャッターは硬質な金属製であり、構造もシンプルであるため、長期間使用することができます。しかし、屋外に設置し続けるためどうしても風雨の影響によって劣化は起きてしまいます。シャッターの寿命はおよそ10年といわれており、10年を超えた段階でさまざまな劣化が見られる場合、交換時期に来ていると考えられます。もしも使用しているシャッターが寿命であれば、専門の会社に新しいシャッターを取り付けてもらいましょう。

シャッターが寿命を迎えている場合、下手に修理をすると余計に費用が掛かります。古いシャッターですと使われている部品のほとんどが生産終了しているので、シャッターを製造している工場へ直接掛け合い取り寄せなければなりません。当然取り寄せた際の配送料や手数料はシャッターの修理を依頼した人が支払うため、高い費用を支払うこととなります。新しいシャッターへ交換すれば、また長い間使用し続けることができます。交換するシャッターの中で最も人気の高い製品といえば、電動シャッターです。開閉音が非常に静かであり、耐用年数も20年と通常のシャッターよりも長持ちなのです。古いシャッターからの交換を考えている人は、思い切って電動シャッターへの交換を依頼してもよいでしょう。